専門学校では遊べる時間はあるのか

専門学校を検討している場合、気になることの一つとして、授業の忙しさや遊ぶ時間があるのかどうかということがあります。学校に通うのですから、遊ぶ時間のことを考えるのは変かもしれませんが、やはり学生生活を楽しむためには時間的な余裕も必要です。

ここでは、専門学校の忙しさや休日などについて分かりやすく紹介します。

専門学校は大学より忙しい

一般的に、4年制大学と比べると専門学校は忙しいということをよく耳にします。これは専門学校に通う期間が2年という場合が多く、4年制大学と比べると授業を受ける期間が短いためです。同じような内容のことを学んだり、同じ資格の取得を目指したりする場合は、4年間より2年間授業を受けるほうが忙しくなるのは当然のことだと言えるでしょう。

ですので、4年制大学の場合は比較的じっくりと時間をかけて学ぶことが出来る環境にあると言えますが、専門学校の場合は2年という短期間に授業内容を詰め込むような形になってしまうのです。

しかし、ある資格を取得したい場合、大学で取得を目指す場合と比べると、専門学校の場合は短い期間での取得が可能ですし、学費もより少なくて済むというメリットがあると言えるでしょう。

もちろん大学の場合であれば、じっくりと学ぶ期間が取れることや、専門分野以外のことも幅広く学べるといったメリットもあります。ですので、一概にどちらがいいということは言えませんし、目的に応じてベストだと思える方を選ぶことが重要だと言えるでしょう。

また専門学校は、学ぶ分野や学校によっても授業の忙しさが違うため、気になる場合は事前によく調べておいたり、学校の説明会などで質問をしておいたりすると良いと言えます。

専門学校の休日や授業時間

専門学校の休日については、基本的に土日が休みという場合がほとんどだと言えます。ですので、平日は授業で忙しい場合でも、土日を利用して遊んだり好きなことをしたりすることは可能だと言えるでしょう。

また、学校によっては土日だけ授業を行うというコースを設けているところもあるため、その場合は、平日が休みということになります。しかし、土日コースを受けている人は、平日は仕事などをしているケースも多いと言えるため、その場合は学校も仕事もないという休日は少なくなってしまうでしょう。

そして、専門学校の授業時間については、9時~16時までという場合が一般的だと言えます。大学の場合は、自分で自由に授業を選んで受けることが出来ますが、専門学校の場合は、基本的に全ての授業を受けなければならないため、9時~16時までぎっちりとした時間割で授業を受けることになるでしょう。

そのため、専門学校の授業時間は、高校の授業時間と同じようなものだと考えておくと良いと言えます。ちなみに、大学にはサークル、そして高校には部活というものがあり、授業の無い時間に活動を行いますが、専門学校の場合はサークルや部活が無い場合が多いと言えるでしょう。

専門学校の場合は、勉強をしたり資格を取ったりすることを重視している人が通っている場合も多いため、サークルなどの活動が成立しにくいというのがその理由だと言えます。

専門学校の長期休暇はどれくらいあるのか

専門学校の長期休暇については、夏休みや春休み、冬休みがあるのが普通だと言えます。長期休暇の期間としては、夏休みは7月末~8月末までの1ヵ月程度、そして春休みは3月上旬~4月上旬までの1ヵ月というのが一般的だと言えます。

大学の場合は、夏休みは2ヵ月程度あるのが普通なので、1ヵ月というのは比較的短いということが言えるでしょう。また、冬休みに関しては、専門学校も2週間程度という場合が多いため、大学や高校と同じぐらいになります。

ただし、専門学校は私立が多いということもあり、学校によって長期休暇の期間にはばらつきがあります。長期休暇が短い場合だと、夏休みや春休みが1週間程度しかないというケースもあるため、気になる場合は学校のホームページなどで事前にチェックしておくようにしましょう。

そもそも専門学校というのは、2年という短期間で専門的な知識を詰め込むという方針を取っているため、大学のような長期休暇はあまり期待しないほうが良いと言えます。

夏休みの課題について

夏休みなどの長期休暇中の課題については、学校や学科によって有る場合と無い場合があると言えます。課題が有る場合に関しては、それを終わらせるのが大変なぐらいの量が出される場合や、進級テストに向けた課題が出される場合、そして授業に関連した作品制作をしなければならない場合などがあると言えるでしょう。

また、課題以外にも、実習に取り組んだり、資格取得のための勉強をしたりする人も多くいます。したがって、長期休暇であっても勉強などで忙しくなる場合があると言えますが、将来のために頑張ることも大切でしょう。しかし、せっかくの長期休暇なので、時間的に余裕がある場合はレジャーや旅行などを楽しむのも良いと言えます。

アルバイトをする時間について

専門学校に通うためにはお金がかかるということもあり、空いた時間を利用してアルバイトをしたいと考える人も多いでしょう。先ほども紹介したように専門学校は短期間に詰め込みを行うため、1日の授業時間も多く、時間的に忙しくなってしまう傾向があります。

ですので、特に専門学校の場合は、アルバイトなどせずに学業に専念するのが理想だと言えますが、さまざまな事情によりアルバイトをしなければならないという場合もあるでしょう。専門学校の場合は、授業が16時あたりまであるのが一般的なので、平日はそれ以降の時間帯にアルバイトをすることが可能です。

また、土日は休みになるのが普通なので、土日は丸一日アルバイトに充てることが出来るでしょう。さらに、夏休みと春休みは、それぞれ1ヵ月程度の休みが取れる場合が多いため、その期間だけ短期のアルバイトを入れることも可能だと言えます。

ただし、専門学校に通っているときは勉強をすることがメインであり、アルバイトをしたことによって学業がおろそかになっては本末転倒なので、無理をしない範囲で行うことも重要です。なお、経済的な理由でアルバイトを考えている場合は、奨学金制度の利用も検討してみると良いでしょう。

奨学金は専門学校生でも利用することが出来ますし、さまざまな種類のものがあるため、自分に合ったものを選ぶことが可能です。

専門学校で赤点を取ってしまうとどうなるのか